トップページ

    このサイトではアメ車の下取りを考えているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の下取り相場を調査して高く買い取ってくれる買取業者に売却したい。」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    アメ車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社にアメ車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売るなら下取りより買取がいいのは分かったけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、数万キロ走ったアメ車でも高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービスなので、もしディーラーでの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「サクッと数年落ちアメ車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのアメ車であっても高額買取が実現します。(1社だけだとディーラー下取りと同じ様に価格競争が起こりません。)

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者があなたが愛用したアメ車を査定します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、ディーラーで下取りではなく、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたアメ車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用はかかりませんので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら大手買取店より高く売ることができる可能性があります。
    そういうことから、輸入車のアメリカ車を売るならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時に受けることが出来るのが普通ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら実際にやってみると大変お得でしょう。

    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売却を断っても構いません。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討して1円でも高く売れるところを確認してから売る方が良いに決まっています。

    その一方で、現実的に契約を結んでからのキャンセルを行うことは不可能か、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、大きな事故を起こして修理したことがある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    何社か買い取りを依頼してもどこでも0円査定だったとしても、廃車を専門とする買取業者に引き取りを依頼する事もできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみてもその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    そうなると価格交渉どころではありません。

    また本来申告すべき情報を隠す行為は保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でもこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は必ずしておくことといえば、当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額に関する文言は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからサインしてください。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、同じ全損にも2通りあります。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    保険の支払額というのは時価計算で、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    実際の価格と違うように感じたら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    自動車を売り払った後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売る方が責任を取るのが普通ですが、査定時に何か見落としがあったというならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    自分が車の所有車になっているということは、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのか充分に検討してみれば、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して車検が終了した直後に車を手放すことはあまり意味がありません。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。