トップページ

    このサイトではアメ車の下取りを考えているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の下取り相場を調査して高く買い取ってくれる買取業者に売却したい。」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    アメ車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社にアメ車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売るなら下取りより買取がいいのは分かったけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、数万キロ走ったアメ車でも高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービスなので、もしディーラーでの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「サクッと数年落ちアメ車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのアメ車であっても高額買取が実現します。(1社だけだとディーラー下取りと同じ様に価格競争が起こりません。)

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者があなたが愛用したアメ車を査定します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、ディーラーで下取りではなく、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたアメ車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用はかかりませんので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら大手買取店より高く売ることができる可能性があります。
    そういうことから、輸入車のアメリカ車を売るならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    インターネットを介して何時でも何処でも楽に中古車の価値を見積もり可能なのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    フォーマットに必要な情報を入力すれば時間もかからずに査定価格が複数の業者から寄せられて、今の段階でのその車の査定金額の相場の概要が把握できるのです。

    車以外の個人情報を入力するのが嫌だという時には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    車一括査定サイトを利用する際の要注意項目として、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    幾つもの業者の査定額を比較したとき、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、契約を結んでしまった後でいろいろなことを理由にして買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    たいていの場合、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)に査定を依頼する必要が生じます。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、無料で査定してくれるわけではありません。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、査定時直前になって慌てなくて済みますし高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、ノーマルの状態に復帰してから査定してもらうほうが良いです。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定では一般的に高値がつくからです。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、誰にとっても有難い存在ですが、欠点としては対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    連絡先として勤務先の電話番号や、仕事にも使っている携帯電話番号を登録してしまうと、最初の数日は業務にも障りが出かねないので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが有効です。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら手放すことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計を鑑みると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、古い年式の自動車だったら一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人売買という方法も存在します。

    中間業者が介在しない分だけ、双方が得するように売買契約を結ぶことが可能になります。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますからとても面倒ですし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。