トップページ

    このサイトではアメ車の下取りを考えているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の下取り相場を調査して高く買い取ってくれる買取業者に売却したい。」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    アメ車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社にアメ車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売るなら下取りより買取がいいのは分かったけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、数万キロ走ったアメ車でも高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービスなので、もしディーラーでの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「サクッと数年落ちアメ車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのアメ車であっても高額買取が実現します。(1社だけだとディーラー下取りと同じ様に価格競争が起こりません。)

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者があなたが愛用したアメ車を査定します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、ディーラーで下取りではなく、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたアメ車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用はかかりませんので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら大手買取店より高く売ることができる可能性があります。
    そういうことから、輸入車のアメリカ車を売るならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に中古車の買取専門店と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、確認してないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に見積もった金額です。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりボディや内装の状態などは異なりますから、その車ごとの査定額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、注意すべきと言えますね。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークをまるっきり信用してしまうのも考え物で、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    前もってその車の査定金額の相場が幾らぐらいになるかを調査しておき、事前調査の価格よりも低く提示された場合に価格交渉するつもりで心の準備をしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意しなければいけません。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル証明と自賠責保険証、そして直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと家まで出向いて査定してくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、あとに残された選択肢は多くはありません。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で商売しています。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも買取が可能なのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、車を個人同士で売買する方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、楽な方はディーラーです。

    新しい自動車の購入と古い自動車の売却が同時に可能なので、なにより簡単です。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    何社かの査定スタッフと直接価格交渉すれば、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を買うときにも必要になってくるので、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。